中学受験偏差値の見方

中学受験は特に受験したいという意欲のある家庭のお子さんがするものです。このため、中学受験をするお子さんたちの学力は全般的に高水準となります。偏差値は母集団のなかでの相対的な位置を示すものです。偏差値50という数字は高学力の集団の中で平均的位置にいるのですから、十分勉強の成果は出ていると言えます。

とは言え、志望校の合格ラインに偏差値が達しているか否かが受験生とご家族の最大の関心事かと思われます。

首都圏の中学受験生向けに複数の会社により合格判定模試が行われています。これらの模試を受けることで志望校と自分の偏差値を比較して合格の可能性を図ることができるのですが、偏差値は同じ模試内で比較しましょう。というのは母集団によって偏差値の数字に違いが生じるからです。

難関校を受験するお子さんが受けることの多い模試は、母集団の学力の差が小さいため偏差値の数字が現れる幅が狭いです。このため各学校の合格ラインの偏差値も抑制的な数字が出ます。

一方で幅広い層のお子さんが受ける模試は偏差値の幅も広く出ます。同じお子さんが受験した場合、偏差値自体は高めに出る傾向があります。合格ラインも高めです。

従って、受験した模試と異なる模試の志望校合格ラインの偏差値とお子さんの偏差値を比較しても合格可能性を正しく予測できないのです。

偏差値の正しい見方を身につけてあまり振り回されることなく、志望校合格をつかめると良いですね。

PAGETOP