中学受験に向く子とは

中学受験とは、高校受験・大学受験に比べとてもデリケートなものです。

まだ精神的にも未熟で、個々の発達の差に大きな違いがある時期だからです。

中学受験に向く子とは、精神的に発達したお子様と言えます。発達具合を見極め、中学受験に臨む必要があると言えます。

しかし、今精神的に未発達であったとしても、お子様はいつ花開くのかわかりません。

そこで、中学受験にとって大事なのが受験塾選びです。集団塾・少人数制塾・個別指導があり、お子様の現時点での発達により選ぶ事が重要となります。

十分発達しているお子様なら、集団塾でもついていけるでしょう。ですが、大抵のお子様はまだ未熟で、勉強の仕方を知りません。隣についてノートの取り方から、勉強の仕方まで事細かに指導しなければなりません。

そこで勉強のおもしろさ、喜びを味わい、精神的にも発達した時にこそ受験に向かう時です。

高校受験・大学受験と違い、子供だけでなく、親の関わりも大きなものとなります。親も子供と一緒に挑む覚悟があり、親子共に戦い、成長していくのが中学受験です。

自分の子供の発達の過程を見極め、親子共に覚悟をもって真剣に向き合ってこそ、最後に笑え、成功する秘訣となります。

PAGETOP